トラブル時の対応が弱い

自動車保険の加入方法は代理店型とネット型の2種類から選べます。インターネットを利用したネット型保険の大きなデメリットの一つが事故後の対応力の弱さです。代理店型の自動車保険は大半の会社が万が一事故などのトラブルがあった場合に専任の担当者が現場の対応をおこなう形を取っています。ネット型自動車保険は担当者が付かないため、原則保険会社のスタッフが直接現場の対応をおこなうことはありません。提携している警備会社のスタッフを派遣する所もありますが、大半のケースは自分一人で処理することになります。事故処理後の保険会社とのやり取りも同様に、契約者が連絡をして交渉をしなくてはいけません。交渉に自身がない人は事故を起こしたり巻き込まれないように注意が必要です。

加入までに時間が掛かりやすい

代理店型の自動車保険は専任の担当者から各種保険の説明を受けながら自分に合った商品を選んでいく形になります。初めての加入で自分に最適な物が分からないという場合でもその場でプロのアドバイスを受けながら決められるのが強みです。それに対してネット型自動車保険は専任担当者が付かないので自分で調べなくてはいけません。料金はもちろん、万が一の補償など一つひとつチェックをしなくてはいけないため、加入までに時間が掛かることがあります。保険会社に問い合わせれば説明を受けられますが、混雑時は電話やチャットが繋がり難く待たされるケースも少なくありません。正しい知識を身に付けていないと不要な保険に加入をして費用を無駄にすることもあります。