加入保険料が高くなりやすい

自動車保険の加入方法は代理店型とダイレクト型の2つです。一見するとどちらも同じように感じられますが、代理店だからこその注意点もあります。中でも大きなポイントとして挙げられるのが加入保険料の違いです。代理店での加入はダイレクト型に比べると若干高めに設定されています。ダイレクト型が担当者なしの自己完結なのに対して、代理店はスタッフの人件費や店舗の維持費といったコストが掛かるのが主な理由です。同じ保険商品であっても数千円近い金額の差が出るケースも珍しくありません。自動車保険は車を保有し続ける限り加入することが義務付けられているため年数に比例して差額は大きくなります。保険料を最小限に抑えたいという人にとってこの点は大きなデメリットです。

不要な商品を勧められる

自動車保険には数多くの商品が用意されていてそれぞれ補償や保険料が異なります。保険代理店では専任の担当者と話をしながら契約を進めて行く形となりますが、この時に気を付けなくてはいけないのが過度な勧誘です。保険会社のスタッフの中には自身の営業成績を上げたいがために本来であれば必要のない保険商品を勧める人もいます。初めて車を購入して新規に加入をする人は保険の知識が少なく、プロの提案だからと言われるがままに契約しがちです。その結果、不必要な保険に加入をして無駄にお金を支払ってしまう事例も多くあります。代理店を利用して加入をする場合には、一任するのではなく自分なりに勉強をして最低限の知識を身に付けることが大切です。